bet365(ベット365)


home000137
http://www.bet365.com/

概要

ブックメーカー運営会社bet365 Group Ltd
ブックメーカー設立: 2000
ブックメーカー本社: イギリス、ジブラルタル
ブックメーカーライセンス: イギリス、ジブラルタル
サポート対応時間: 24時間365日(英語サポートのみ)
※ サイト言語:日本語非対応

 

 

Bet365の設立は1974年で、英国ジブラルタルのライセンスを所持しており、社員は1700人以上という規模の大きな企業なのです。
Bet365 のイベントの特徴はベッティングの種類が豊富なことにあります。Jリーグなど日本のスポーツや、マイナーなイベントも取り扱っており、多種多彩なベッティ ングを楽しむことができます。またライブベットが特に充実していて、アカウント登録して入金すれば資金を残している限り特定のスポーツやリーグのストリー ミング動画配信(生中継)を見ることも可能です。

button_007

■口座開設方法■


まずは
bet365公式ホームページにアクセスし、Join Nowをクリックします。

 



 

 

登録画面が現れますので、以下の手順で入力します。

 

ステップ1 個人情報の詳細の入力



 

個人情報は正確に入力してください。
誤った情報を入力すると出金ができない場合があります。

Country of Residence Japanを選択します。
Name 名前⇒名字の順でローマ字で入力します
Date of Birth 誕生日を日⇒月⇒西暦の順で入金してください
Chome-Banchi-Go 丁目以下の住所を入力します。
Town/cho ~丁目の前の住所を入力します
Postcode 郵便番号を入力します
Email Address Eメールアドレスを入力します。
Contact Number 電話番号を入力します(携帯可)日本は国番号が81なので頭に81を付けます。例に習って記入ください。
例 09012345678 → 819012345678
 

ステップ2 アカウントの設定

アカウントの設定をします。

(記入例)
Language Englishを選択します
Time Zone GMT+9を選択します。※GMT+9とは世界標準時(グリニッジ)から9時間早いという意味。
東京やソウルが採用している標準時間です。
Odds Display オッズ形式です。Decimalを選択します。※Decimalを選択すると1.5倍などの表記になりわかりやすい形式になります!
Username ご自身で好きなユーザー名をローマ字で記入します。ユーザー名はbet365のログインIDになります
Password パスワードを記入します(必ず控えてください)
four-digit Security Number 4桁の暗証番号を設定します(パスワード同様必ず控えてください)
 

内容に同意するにチェックをいれ、Join Nowをクリックすると登録されます。



ユーザー名やパスワードはログイン時に必要になります。
必ず控えてください。

bet365のアカウントを開設したら入金しましょう!

bet365入金方法

ピックアップ記事

  1. imagesgqarsga
    日本からブックメーカーに参加する方法をお伝えします。 ブックメーカーのアカウントの開設 まずは、…
  2. bookmaker-hikaku
    「ブックメーカー」とは、一言で言うとヨーロッパにおける賭け屋のことです。 …
  3. gareth-bale-s
    ブックメーカーのオッズとは倍率のことです。 倍率2.1倍と表示されていれば…
  4. great-ball-of-fire-s
    スポーツ振興くじtoto(トト)を買ったことがある方も多いかと思います。 …
  5. horse-racing-s
    日本では、法律で定められた胴元以外から公営競技の投票券等を購入することは、いわゆるノミ行為として全て…
  6. gasrgwega
    当サイトではブックメーカーを利用するにあたりどのように選んだらよいのか?というところに着眼し、ポイン…

話題をチェック!

  1. 20160409002740
    リオオリンピックでは競輪競技で日本のメダル獲得が期待されています。 国内の…
  2. img_0
    今年の8月に開催されるリオオリンピックで、メダルの期待がかかっているのがライフル射撃競技です。 …
  3. 7a6c4dfc884c657dcc66ef26ae94f7e9
    あまり目立たない種目のなかでも、なかなかテレビでも見れないアーチェリーですが、あの緊張感たるものは他…
ページ上部へ戻る